トップページ > 下請け業者は直接施主様の指示に従ってはいけない?建築会社全般の裏話

お役立ち記事

下請け業者は直接施主様の指示に従ってはいけない?建築会社全般の裏話

おかしな話ですが、下請け業者にとっての “お客様”は施主様ではなく元請け業者なのです。 汚い話ではありますが、お金の流れが指示の流れ。下請け業者は、お金を流してくれる元請け業者のいうことしか聞きません。

要望は元請け業者に伝えるべし

ですから、要望や疑問、不満は、元請け業者の担当者か営業担当に伝えて、現場の職人に指示してもらいましょう。先のお金の流れからすれば、元請け業者は施主様のいうことは聞くものですからね。 下請けからさらに工事の一部を請けて工事するのが孫請け、さらにひ孫請けといいます。下請けの下請けに行けば行くほど施主様の要望は伝わりにくくなります。請負金額も上位業者から請負単位をカットされていますので、適正価格を割った時点で手抜きや不正工事が起こりやすくなります。 できるだけ元請け会社とのコミニュケーションが大事です。

※元請け業者とは、施主様から直接建築の依頼を受けるハウスメーカー・建築会社・工務店のこと。なお、元請け業者から各工事を請けるのが下請け業者です。

あらかじめ関係をしっかり整理しておきましょう

みなさんができる対策として、下請け(一次下請け)・孫請け(二次下請け)・ひ孫請け(三次下請け)なのかうまく聞き出し、元請け業者に「手抜きはないかどうか」を再確認させた方が良いでしょう。また、元請け業者に現場の組織表を提出させましょう。建設業法には「施工体制の明記」が義務付けられているから大丈夫です。あとになって緊急事態が起きて元請け業者に連絡を取りたいときなど、電話番号や担当者が記入されているため便利です。さらに書類や打ち合わせ記録なども双方から同意書をもらっておくことをおすすめします(担当者の自筆サインなど)。将来トラブルが起きたときに役立つと思います。

諸富建設の見学会情報