トップページ > 大手住宅メーカーはなぜ高い?意外と知られていない建設業界の実態とその理由

お役立ち記事

大手住宅メーカーはなぜ高い?意外と知られていない建設業界の実態とその理由

地元工務店や設計事務所の住宅価格と比較すると、大手住宅メーカーはかなり高いです。
工場で大量生産しているのに、なぜ、高いのでしょうか? それには、こんな理由があるのです。

大手ハウスメーカー建築費内訳

こちらのグラフは大手住宅メーカー10社が公表しているIR情報を元に試算した、大手ハウスメーカーの建築工事費の内訳です(※2009年度の決算資料元にしています)。


大手住宅メーカーの原価は「実質工事価格」と「下請けマージン」を足した価格になります。売上価格の78%が原価を占めるので、粗利は22%になります。ただし、これは大規模分譲地の建売住宅や集合住宅なども含んでいます。


次に、このグラフの項目をご説明します。

実質工事価格

実際に工事で掛かる費用です。
大手住宅メーカーは、「下請け工務店」に住宅工事を丸投げします。
そして、実際にその工事をするのは、さらにその下の「孫請けの工務店」です。
実質工事価格は、「孫請け工務店」の原価に当たります。

下請けマージン

大手住宅メーカーは住宅を販売するだけで住宅の工事ができません。
そこで、「下請け工務店」に住宅工事を丸投げします。
そして更にその下の「孫請け工務店」にその工事を投げ、「孫請け工務店」が各専門業者を手配し工事します。
それぞれがマージンを取るので、いらない費用がどんどん増えてしまいます。
「下請け工務店」への発注価格が、大手住宅メーカーにとっての原価となります。

営業経費

大手住宅メーカーは沢山の営業マンを抱え、人海戦術で住宅の受注を獲得していきます。
その大量に抱えている営業マン達や営業に関わる人員の給料や福利厚生費、販売促進費などが、これに当たります。

研究開発費

住宅の商品開発のために、大手住宅メーカーは毎年、研究開発費として、何十億円もの投資をしています。
研究開発には住宅の性能に関する研究だけではなく、住宅とは直接関係のないマーケティングに関する研究等も含まれます。

モデルハウス

大手住宅メーカーは日本全国に、建築費約1億円ぐらいする豪華なモデルハウスを持っています。
そしてモデルハウスのほとんどが5年もすると建て替えます。
そのモデルハウスの償却費や住宅展示場への出展料、光熱費や維持費に毎年何千万もの費用が掛かります。

広告宣伝費

ゴールデンタイムに放映されるテレビコマーシャル費、新聞のフルカラーの一面広告費、雑誌広告費などです。
最近、住宅業界は法改正や不況などのあおりを受けて、 大手住宅メーカーはどこも苦戦を強いられています。
そのため、広告宣伝費をかなり抑え、以前から比べると、コマーシャルの数はかなり減りましたが、
それでも平均的に売上の2%ほどは費やしています。
会社によって広告宣伝費は様々で、多いところで10%費やす大手メーカーも存在します。

その他会社運営費

直接住宅販売には関わらない人員の人件費や事務所、車両、その他設備等、会社を運営していくのに必要となる費用です。
大手住宅メーカーの従業員は、普通のサラリーマンと比べるとかなり高給です。

まとめ

大手住宅メーカーは広告宣伝や営業経費などに掛かる経費が比較的多くを占めています。
また、工事を下請けに丸投げするので、余分なマージンが発生します。
それらの余分な経費が掛かっている分、地元工務店と比較すると、価格が高くなってしまう主な要因です。


あまり一般の方には伝わらない、業界の実態や表裏があります。
家づくりをはじめる前にその辺りの基礎知識をしっかり押さえておきましょう。
なにか分からないことがあれば、弊社にご相談いただいてもかまいません。
皆様の家づくりが幸せにあふれたものになることをお祈りしております。

諸富建設の相談会のご案内