トップページ > 日本の住宅の平均寿命は26年?100年続く家づくりをするために

お役立ち記事

日本の住宅の平均寿命は26年?100年続く家づくりをするために

平成8年当時の建設省(現在の国土交通省)が発表した『建設白書』によると、日本の住宅の平均寿命は26年だと言われています。ちなみに、アメリカの住宅の平均寿命は約44年、イギリスでは75年と言われています。

なぜ日本の住宅は寿命が短いのか?

日本には世界最古の木造建築物が多数あるように、現在の日本の住宅の寿命が「26年しかない」というのは気候風土の問題では決してないのです。それはある時期を境に劇的に変化したと推測されています。1920年代に化学接着剤といわれるものが発売され、1950年頃、今から約50~60年前、尿素系の化学接着剤で合板というものが市場に出回り始め、現在、住宅用建材として多く使われるようになりました。このような住宅建材としての合板普及が、日本の住宅を著しく短命なものにした最も大きな原因の1つだと考えられています。

100年住める家づくりをするために

では、永く住み続けられる家づくりをするためにはどうすればいいのかというと、先述した建材にこだわるのはもちろんのこと、同じ志を持った工務店と家づくりをすることが一番です。家とは建てて終わりではなく、そのあとの維持管理も大きく関係してきます。つまり一生のお付き合いになるものですから、これから家づくりを任せようとする工務店がどれくらい、親身になって付き添ってくれそうか、またどんなアフターフォローがあるのかという所まで調べることが大切です。見分け方が分からない方は、私たちにご相談いただければ、一緒にお調べいたしますのでお気軽にご連絡ください。

専門家に詳しことを相談する