トップページ > カビとダニの発生源!住宅の結露問題を解消する方法

お役立ち記事

カビとダニの発生源!住宅の結露問題を解消する方法

ガラスに水滴がつく。これが「結露」と呼ばれるものです。 結露は空気中に含まれている水分が建物の内部や壁面、窓ガラスなど冷たいものに触れて水滴となって付く現象です。住宅内では冬期に、暖房器具によって水蒸気が出るため、北側の部屋や外壁に面した押入れの中などに特に結露が起きやすいといわれています。

なぜ結露が問題になっているのか?

それは、結露を放っておくとカビやダニの発生につながっていくからと言われています。結露によって発生するカビをダニが食べることによって、ダニは増えていくと言われ、このダニの死骸がアトピーやアレルギーの原因になっていくのです。さらに恐いのは、結露が住宅を傷つける原因にもなっていることです。 結露は窓ガラスだけでなく、いろいろな場所に発生します。一般的に見落としがちなのが壁の中の結露です。この壁内結露は住宅を支えている土台や柱などを腐らせる原因にもなっています。

結露を防ぐためには

結露を防ぐためには、断熱性と気密性が重要になります。これらは施工の腕に左右されることもあり、家を建ててから後悔される方も多いポイントになります。家そのものの性能を見極めるためには、まず実際に見学会に足を運び(特に冬がおすすめです)、目で見て確認をするのが最も良い方法です。諸富建設の職人たちが作る家もぜひ見に来ていただければと思います。そのほか、なにか分からないことがあればいつでもご相談ください。

諸富建設の見学会情報