トップページ > 自動車事故より多いヒートショックによる健康被害

お役立ち記事

自動車事故より多いヒートショックによる健康被害

室温の変化によって血圧が急激に上昇したり下降したり、脈拍が早くなったりする状態のことをヒートショックと言います。冬の寒い時期に暖房の効いた暖かい部屋から一歩出ると、その寒さに「ゾクゾクッ」っとした経験があると思います。 この状態も、ヒートショックの一種です。ゾクゾクッとした人間の体は体温を一定に保つために、血管が急激に収縮し血圧の変動や脈拍の変動を起こします。心臓に急激な負担をかけているのです。ヒートショックは、心筋梗塞や脳血管障害などにつながりかねない危険な状態と言えるのです。

原因は屋内の温度差!

真冬など、暖房しているリビングと全く暖房していない廊下やトイレとの温度差は、10度を超えると言われています。設定温度を30度近くにしている方であれば、20度近い差があるかもしれません。暖房している部屋で温められていた身体が、暖房のない廊下、洗面所、トイレへ出たとたん、その温度差によって、血圧の変動や脈拍の変動を起こして心臓により多くの負担をかけてしまうのです。このような屋内の温度差が、ヒートショックを起こしてしまう大きな原因となっているのです。

ヒートショックを防ぐためには

ヒートショックを防ぐためには、家全体の温度を均等に、かつ暖かく保つことが大切です。そのために重要となるのが、断熱性と気密性です。断熱性とは、室内と室外の温度を遮断する性能のこと。せっかく温めた室内の温度が、外に逃げないようにすることが大切です。気密性とは、室内の空気を密閉する性能のこと。隙間があれが底から空気が漏れ出し、当然暖かい空気は逃げ、寒い空気が室内に侵入してきます。断熱性と気密性はどちらも欠かすことができません。これから家づくりをはじめる方には、ぜひ家のデザインだけではなく、機能の面においても気を配っていただければと思います。分からないことがあれば、いつでもご相談ください。

専門家に詳しいことを聞いてみる