トップページ > 化学建材は危険?シックハウス症候群から家族と住宅を守る

お役立ち記事

化学建材は危険?シックハウス症候群から家族と住宅を守る

近年、住宅高気密化などが進むに従って、建材等から発生する化学物質などによる室内空気汚染等と、それによる健康影響が指摘され「シックハウス症候群」と呼ばれています。その症状は、目がチカチカする、鼻水、のどの乾燥、吐き気、頭痛、湿疹など人によって様々です。

シックハウス症候群の原因

住宅の高気密化・高断熱化などが進み、化学物質による空気汚染が起こりやすくなっているほか、湿度が高いと、細菌、カビ、ダニが繁殖しやすくなります。それだけではなく、石油ストーブ・ガスストーブからも一酸化炭素、二酸化炭素、窒素酸化物などの汚染物質が放出されます。シックハウス症候群は、それらが原因で起こる症状です。人体に与える影響は個人差が大きく、同じ部屋にいるのに、まったく影響を受けない人もいれば、敏感に反応してしまう人もいるのが現状です。

「シックハウス」から家族と住宅を守る!

現代住宅は様々な化学物質が多く使用されています。その中でも人体に有害な化学物質であるホルムアルデヒド、トルエン、キシレン、パラジクロロベンゼン等がシックハウス症候群の原因として問題視されています。住宅の気密化を高めれば高めるほど、有害な化学物質は室内、住宅内にますます充満していくことになるのです。この行き場を失った有害な化学物質をどう処理すれば良いのか、詳しく知りたい方はお気軽に当社にご相談いただければ分かり易く解説させていただきます。

専門家に相談する